家事室

 主婦の憧れの空間として今注目されているのが家事室です。家事は365日休みがありませんし、高齢になった時でも続けなければならないのです。家事を効率よく行えるように、また体に負担なく行えるように、家造りにおいては家事のしやすい住まいを目指しておきたいものです。そこでこの家事室が注目されているのです。

家事室では、洗濯物を洗う・干す・たたむ・しまうという作業を一か所で行える空間にしておきます。これら一連の作業を同じ空間で行えることで家事を行う上で無駄な動きが一切なく、効率よく家事を行えます。天井には室内物干しを完備しておきます。洗濯は毎日行う家事の一つです。天候に左右されることなく洗濯物が干せるスペースがあると助かります。花粉やPM2.5対策としても有効ですし、共働きで夜洗濯を行うという家庭でも干し場に困らずに済みます。衣類がしっかりと乾くように衣類乾燥機を設置したり、湿気対策として窓や換気扇を設けておくといいでしょう。

乾いた洗濯物をたたんだり、アイロンがけに便利な作業カウンターを設けておきます。座って行うか、立ったまま行うかでカウンターの高さも異なるため、自分に合った高さのカウンターを造り付けておきます。アイロンなどの電化製品を使用するためコンセント計画もしっかりと行っておく必要があります。

そして、壁一面にはファミリークローゼットを設けておきます。タオル類だけでなく、家族みんなの下着や衣類までそろえておくことで、たたんだ洗濯物をスムーズにしまうことができますし、入浴の事前準備も楽に行えます。家族にとっても着替えがしやすくなるのです。

家事をラク住まいにして家事の時短を実現させましょう。

吹き抜けのあるリビング

 我が家はリビングの一部分に吹き抜けを取り入れました。吹き抜けを設けることの魅力は、開放感のある部屋が広がることです。1階と2階のスペースが連続するため自ずと天井が高くなります。二階の天井まで見渡すことができることで視線の抜けがよくなり、面積以上の広さを実感できるのです。

実際の広さよりも開放的で広く見せる効果があることから、狭小住宅などで取り入れることで空間を広く見せる、利用できるというメリットが得られます。視覚的に広く感じさせることができるため圧迫感のない快適な部屋造りを行えるのです。

また、吹き抜けを設けることで、二階の壁に窓を設置することになり、自然と日差しを採りこむことができ、あかるい空間が広がります。また、吹き抜けを設けることで風通りをよくする効果が期待できます。吹き抜けをつくることで低い窓からの空気が高い窓へ流れていくため、自然換気を促すことができます。そして、吹き抜けを設けることで連続した空間にすることができます。空間全体に緩やかな繋がりを持たせることができるので、家族が一階と二階で別々のフロアで過ごしていても、吹き抜けを通して互いの気配を感じることができ、家族の繋がりを大事にできますし、会話のしやすい住まいにもなるのです。

吹き抜けを設けることでオシャレになるという見た目のオシャレ度から取り入れる人も多いです。リビングはお客様を迎え入れる場所でもあるだけに、居心地の良さだけでなく、オシャレさも大事にしておきたいものです。また最近人気のリビングイン階段との相性もいいのです。吹き抜けを設ける際には、しっかりとデメリット対策を行い、オシャレで快適なリビングのある住まい造りを行うようにしましょう。

1坪洗面室

 我が家の洗面室の広さは1坪です。1坪という限られた空間ですが、デッドスペースを生まず、空間を最大限に有効活用させることで必要な物がきちんと収められ、利用しやすい空間となるのです。

まず、扉の開閉でデッドスペースを生まないように引き戸を取り入れました。そして、通常洗濯機の上部辺りに設けられる窓を、天井近くの高い位置に横長のものを設置しました。高い位置に設置するのでチェーンでしっかりと開閉できるものを選びました。高い位置に窓を設けることで物で窓をふさぐこともありませんし、風通りもしっかりと得られます。そして壁面を確保できるため空間を有効活用しやすくなるのです。

この窓の下に洗面化粧台と洗濯機を設置しました。1坪に設置する標準的サイズの洗面化粧台と洗濯機を横並びで配置すると30㎝ほどの隙間が生まれます。この隙間をそのままにしておくのではなく、化粧台と同じ奥行と高さの隙間収納を設けました。わずかな収納力のようにも感じますが、タオルやお化粧道具、ヘアアイロンや洗濯用洗剤など洗面室で必要な物をしっかりと収納しておくことができます。

そして、洗濯機の上部のデッドスペースを無駄にせず、壁面を有効活用させ可動オープン棚を設けました。ここには収納カゴを揃え見た目をスッキリと統一感を高めています。ここには家族の下着やパジャマを収納しています。入浴時には着替えやタオルを置くカウンターがあると便利です。限られた空間にカウンターを設置すると動作がしにくくなってしまうため、折りたたみ式カウンターを設けました。

入浴時には便利なカウンターとして利用し、使わない時は壁にスッキリと収められるのでとても便利です。使用頻度の高い空間だけに利用しやすく、また必要な物がきちんと収められるように収納スペースを確保しておきましょう。

家造りで大事なこと

 家造りを行うほとんどの人が、予算内でできるだけ広い家を建てたいと希望することと思います。小さな建物でも、工夫次第で十分ゆったりと暮らすことができます。家造りのポイントは、できるだけ建物はコンパクトにして、中を広く見せる工夫をするのです。

まずは、壁です。視界を遮ってしまう壁はできるだけ設けないようにして、視線が奥へと繋がるようにします。視線が繋がることで広さや開放感が得られますし、家族が顔を合わせてコミュニケーションが取りやすくなるのです。しかし、全く壁がなくなってしまうと空間が間延びしてしまい、空間のメリハリも損なわれてしまいます。そこで腰壁や垂れ壁など視線を抜けさせつつも、間仕切りの役目を果たす壁を上手に取り入れるのです。そして、無駄な廊下スペースをできるだけつくらないようにします。

今までは当たり前のように設けられていた廊下ですが、最近ではデッドスペースとして考えられるようになってきました。和室を設ける際には、LDKと一体にすることで廊下が必要なくなります。廊下スペース分を居住スペースにあてることができますし、収納スペースの充実に繋げられるのです。

また、玄関ホールからLDKに入る扉を少し斜めにします。まっすぐに入る時に比べて、見渡せる範囲が広くなります。そうすることで部屋が広く感じられるようになるのです。そして、LDKの天井の高さを高くしたり、一部分に吹き抜けを取り入れます。そのようにすることで広さや開放感がプラスされます。

これらの点に注意して、広々と、居心地のいい空間が広がるようにしておきましょう。

家族のコミュニケーションを大事にしよう

家で過ごす時間は家族とのコミュニケーションを大事にしたいものです。そこで住まいが以前と比べて一番変わってきたことは、階段を設ける位置です。

今までは玄関近くに設けられていた階段ですが、最近ではリビング内に階段が設けられるリビングイン階段が増えています。階段をリビング内に設けることで家族のコミュニケーションをより大切にすることができます。玄関近くに階段が設けられていると、子ども達が帰宅して直接二階の自室へ向かうことができます。親は子どもがいつ帰宅したのか気づかなかったり、気づいた時には外出していたということもあったのです。しかし、リビングイン階段にすることで家族が集まるリビングを必ず通らなければ二階の自室へ子ども達は向かうことができません。リビングで家族が顔を合わせる機会が自然と作り出され、顔を合わせることで会話も生まれやすくなるのです。思春期を迎えると親と会話をするのも面倒に感じてくる子ども達ですが、これなら会話がなくても親は子どもの表情を伺うことができ、ちょっとした変化にも気づいてあげやすくなるのです。

このリビングイン階段は子どもの犯罪率を減らしているとも言われています。会話を大切にすることで家族関係の良好さを保ちやすくなりますし、親がいるリビングを通って、堂々と夜外出はしにくいだけにこのような結果に繋がっているのかもしれません。

我が家は、二階にも家族で集えるファミリースペースを設けました。セカンドリビングのようなこの空間は、一階とは違う家族の時間が流れています。一階では同じ空間にいながらも、私は家事が中心ですし、子ども達は遊んだり、勉強したり、主人はテレビを見たり、パソコンを使用したりと思い思いの時間を過ごすことが多いです。しかし、二階のファミリースペースでは、家族みんなで寝る前の時間にゲームをしたり、アルバムを開いたりと家族みんなで何かをすることが多いのです。

このように家族とのコミュニケーションが深められ、家族の繋がりを感じられる家造りをしたいものですね。

二階ホールの活用法

階段を上がった先の二階ホールはどのように活用させているでしょうか。今までは二階の部屋へ行き来をするただの通路としてしか考えられていませんでしたが、最近ではここを一つの空間として考えられるようになってきました。

先日訪れた友人宅の二階のホールは南側に面しており、雨天時や外出時にも便利な室内物干しスペースとして利用していました。使わない時は天井にスッキリと収められ、使用時は自分の手の届きやすい高さまで降ろすことができる室内干しは、とても重宝しているようです。

今時期は花粉の飛散も気になるだけに、利用しやすい室内干しがあると助かります。透過性の高い素材のアコーディオンカーテンで空間をセパレートできるようにもしており、明るさをしっかりと通しながらも目に触れると生活感を与えてしまう洗濯物をしっかりと隠しておくことができます。

我が家の二階ホールには、壁一面に広がる壁面収納を設けています。読書が趣味の我々夫婦は、本がたくさんあります。また、カメラも大好きでアルバムも多いため本やアルバムをここ一か所で整理できるミニライブラリ-のような空間が広がっています。床から天井いっぱいに広がる壁面収納にはこれらをしっかりと整理することができており、部分的には写真や雑貨を飾ってインテリア性にも配慮しています。休日にはここで本を読んだり、みんなでアルバムを開いて思い出話を楽しんだり、セカンドリビングのような空間としても利用しています。二階ホールをただの通路とするのではなく、一つの空間ととらえ上手に活用させたいものですね。

1ルーム2ドア

我が家の子ども部屋には1ルーム2ドアを採用しました。子ども部屋は子どもの成長に合わせて柔軟に対応できるようにしました。幼少期は個室を必要とせず広々と遊べる空間が求められます。思い切りおもちゃを広げたり、走り回ったり、兄弟やお友達とゆったりと遊べる空間が求められます。そこで広々ワンルームの子ども部屋を用意しました。

しかし、中学・高校生頃になるとそれぞれの個室を求めるようになります。このワンルームは将来的には二つの個室として利用できるように、出入りするドア、窓、照明、コンセント、クローゼットは二部屋分あらかじめ環境を整えておきます。このようにしておくことで個室を必要としたとき大掛かりなリフォームをすることなく手軽に空間を区切ることができるのです。

空間を区切る際には壁で区切ってもいいのですが、可動間仕切りクローゼットを取り入れるとより「今」にぴったりの空間造りが行えるのです。幼少期は壁に沿わせて設置しておけば広々とした空間が確保でき、成長過程に合わせて空間を半分だけ区切ったり、完全に区切ったりできますし、子ども達が巣立っていった後も再びワンルームに戻して新たな活用法を取り入れることもできるのです。女性一人でも簡単に移動させることができますし、間仕切りの役目を果たしてくれながらも収納機能も兼ね備えているため、空間が物であふれることも防げます。

住宅の中で一番子ども部屋が変化が求められるのでしっかりと変化に対応できる子ども部屋を設けておき、子どもにとっても居心地のいい空間にしてあげたいものです。

ローリビングと小上がりの和室

最近では壁や間仕切りなど視線を遮ってしまうものをできるだけ設けず、一体感のあるLDKが設けられるスタイルが人気です。空間の繋がりを大事にすることでより広さや開放感を感じることができますし、家族が顔を合わせてコミュニケーションを深めることができるのです。

しかし、1つ気をつけたいのが空間のメリハリです。全く壁を無くしてしまうと空間が間延びしてメリハリが損なわれてしまいます。そこで、空間の繋がりをしっかりと保ちながら空間のメリハリを出すことが大切なのです。空間のメリハリが生まれることで生活のメリハリもしっかりと生まれるのです。

そこで家族団らんの場となるリビングをダウンフロアにしてローリビングにします。ダウンフロアにすることで天井が高くなり広さや開放感をより実感できます。そして適度なこもり感が演出でき、居心地の良さを高めることができるのです。この段差を活かして腰掛として利用させることができますし、床に座り込めばこの段差を背もたれとして利用させることもできるのです。

また一体感のあるLDKに隣接する形で和室が設けられることが多いです。独立型の和室よりもリビング延長型の和室が人気の傾向にあります。この和室には高さを設けて小上がりにします。フローリングのLDKと畳の和室が隣接するのですが、異素材が隣接しても床に高低差があることで違和感を感じません。この高さを活かして一部分を掘り込み、冬は掘りコタツを設けることもできますし、カウンターを造り付け、カウンター下を掘り込み、足をゆったりと伸ばしてカウンターを利用できるスタイルにすることができます。

住宅にもバリアフリー化が求められていますが、このように高低差を設けて空間を演出させるのもいいのではないでしょうか。

ストレート階段の下の活用法

最近では、リビング内に階段を設けるリビングイン階段が人気です。リビング内にストレート階段を設けている友人宅があります。階段下というと掃除機や日用品を収納する収納庫が設けられることが多かったですが、その友人宅のストレート階段の下には、友人の居場所となるママスペースが設けられていました。

カウンターを造り付けられている部分は、アーチ状の垂れ壁が設けられており、階段下に個室が設けられているような感覚が得られるのです。リビングで過ごす家族の気配を身近に感じながらも、パソコンを使用したり、家計簿をつけたり、子ども達のスケジュールを管理したり、時にはミシンをしたり、裁縫するスペースとして利用しているようです。

アーチ状の垂れ壁が視線を抜けさせつつも間仕切りの役目を果たしてくれるためより居心地のいい空間が広がり、空間のメリハリも生まれているのです。造り付けたカウンターの左側には階段下のデッドスペースを利用して収納スペースが設けられています。リビングからはこの階段下の収納スペースが目に入らないので、目に触れられたくない日用品まで収納できるのです。もちろん、裁縫道具やミシン、パソコン関連用品など使用するものもきちんと整理することができていました。

カウンターを造り付けている正面の壁はマグネット壁紙が使用されており、プリントを掲示できますし、家族写真を飾ったりしてプライベートな空間が広がっていました。階段下の活用法は近年多様化しています。階段の種類や階段の設置場所でそれぞれ適した階段下の活用法があるだけに、無駄なスペースを生むことなく上手に活用したいものです。

変化に対応できる子ども部屋

住宅の中で一番空間に変化が求められるのが子ども部屋です。子どもの成長過程に合わせて空間に求められるあり方は変わってきます。最近では最初から個室の子ども部屋を設けておくのではなく、広々ワンルームの子ども部屋を設けておき、子どもの成長過程に合わせて空間を半分に区切って利用したり、完全に個室に区切ったり臨機応変に対応できる子ども部屋造りが多く取り入れられています。このような子ども部屋にしておくと、子どもにとって最適の居心地のいい空間が広がるのです。

子どもが小さい間は、広々ワンルームでのびのびと走り回れる子ども部屋が求められます。兄弟で遊んだり、お友達と遊ぶにも広々とした空間があると重宝します。小学生頃になると勉強机を並べて共に勉強したり、一緒に寝る子ども部屋として利用します。勉強スペースと寝るスペースという風に空間を利用してもいいですし、空間を半分だけ区切って個室になる練習をするのもいいでしょう。

中学・高校生頃になるとそれぞれの個室を求めるようになります。このとき初めてこのワンルームを二つの個室に分けるのです。将来的に二つの空間に区切ることを想定して、出入りするドアや窓、コンセントに照明などは二部屋分設けておくのです。このように環境を整えておけば大掛かりなリフォームをすることなく簡単に個室を作りだせるのです。

空間を区切るのには、可動間仕切り収納を利用するのです。女性一人でも簡単に移動でき、それぞれの空間に合わせて1ミリ単位でオーダーメイドできるのです。収納機能を兼ね備えているので物がしっかりと片付けられ空間をスッキリとできます。変化に対応できる子ども部屋を目指しましょう。