Posts Tagged ‘玄関’

 玄関は「住まいのかお」とも言われる部分です。家族が毎日出入りを行うのはもちろん、家に来たお客様が最初に足を踏み入れる場所です。それだけに、スッキリと美しい空間を保てるようにしておきたいものです。

美しい玄関を保つためのポイントは、シューズクロークの収納力と動線のスムーズさです。玄関横に設けられるシューズクロークには、家族の靴を大容量に収納しておくことはもちろん、屋外で使用する子ども達のおもちゃや三輪車、工具や洗車用品、アウトドア用品やガーデニング用品などまで収納できるようにしておくと便利です。収納力のない靴箱だと脱ぎっぱなしの靴が散らかりやすくなりますし、子ども達のおもちゃやベビーカー、ゴルフバックなどがつい玄関の脇にいつまでも置きっぱなしになってしまうのです。そこで収納力の高いシューズクロークを設け、家族みんなの靴がどこにあるかがひと目で把握でき、また土間収納を確保してこれらの大きさのあるベビーカーやゴルフバック、部活用品などもスッポリと収められるようにしておきます。土間収納があると、屋外で使用して汚れていてもサッと収納できるため急な来客時にも対応しやすいのです。収納力をアップさせると同時に、シューズクロークからそのまま室内へ入れるように動線を確保しておきます。これなら、靴や物をしまい、そのまま室内へと入れるため無駄な動きが一切なくなり、靴や物をより片付けやすくなります。湿気やニオイ対策として、換気扇やナノイー発生機の設置などにも配慮してより清潔感のある玄関にしたいものです。

我が家は玄関の動線を二つに分けました。メインのお客様用とその隣に設けたシューズクローク側は家族用の玄関にして動線を二つにしたのです。二つに分けることで、メインのお客様用の玄関を常にきれいに保つことができ、急な来客者でもスムーズに対応できるのが一番の魅力です。

玄関横にシューズクロークには家族の靴や傘だけではなく、外で使用する子ども用のおもちゃやスポーツ用品、三輪車やベビーカーなど大きさのあるものまでしっかりと収納できるように土間収納スペース確保しました。玄関周りに散らかりがちなものをきちんと整理できることでメインの方には、靴箱すら設ける必要はありません。

動線を二つに分けたことで、子ども達にいい習慣が身に付きました。今までは帰宅すると靴は脱ぎっぱなしでしたし、外で使用したものも玄関内やポーチ部分に置きっぱなしにすることが多かったのですが、物を土間収納に片付け、履いていた靴をオープン棚のあった場所にきちんとなおし、室内で入ってくるようになったのです。この習慣が身に付いたのは、シューズクロークから室内への動線をスムーズにしたことが大きいのです。行き止まりのシューズクロークだと、物や靴を収納したあと玄関にまた戻り、室内へ入らなければなりません。そのため脱ぎっぱなし、置きっぱなしになってしまうのです。

シューズクロークを設ける場合には、収納力と動線に注目するといいと思います。我が家は玄関の動線を分けたことで大正解でした。来客者にいつでも対応できる玄関にするには動線を二つに分けるのはおススメです。