あかり

 照明を選ぶ際、ついそのデザイン性ばかりに注目してしまいがちです。しかし、明るさの度合いや色温度をリモコン一つで操作できる機能性の高い照明を選ぶことで、室内の居心地の良さや快適性が高められるのです。リモコン一つで手軽に操作できることで、その時々の気分や目的であかりを模様替えできることで、空間の居心地の良さや快適性が高められるのです。

明るさの度合いは分かるとおもうのですが、色温度とは何か!?と気になる人もいるでしょう。色温度とは、光の色を数値で表したものです。高い色温度ではより爽快な、低い色温度では落ち着いた雰囲気をつくることができると言われています。

例えば、一日の始まりはすがすがしくスタートしたいものです。人が心地よさを感じるのが快晴の青空のイメージです。そこで色温度が高い白~青っぽい光色で空間を照らします。そうするとすがすがしく、爽やかな気分になるので、朝の目覚めの時やリフレッシュしたいときに適しています。

逆に家族みんなが集う夜の時間は、くつろぎのあかるさが求められます。この場合、色温度が低い赤みがかった光色で空間を照らします。夕暮れ空をイメージした光色が空間を照らすことでより落ち着いた雰囲気が広がり、部屋のくつろぎ感が高められ、家族や友人とリラックスしたいときに適しているのです。

リビングでは、読書や勉強をすることもあります。この場合、白~青っぽい光色であかるさの度合いをアップさせます。そうすることで文字がくっきりして読みやすさが増し、読書や勉強がしやすいのです。このようにあかるさを自由に模様替えできる照明で、空間の快適性を高めておきたいものです。