工務店

我が家は地域に密着した工務店に家造りを依頼しました。

工務店は、ハウスメーカーのような大量生産とはことなる、一品生産の家造りを行うことができます。建築主の希望や都合、こだわりを最優先してくれ個性あふれた住まいを手に入れることができるのです。

工務店は、こだわりや理念を強く押し出し、経営者や社員の顔が見えやすい会社が多いので安心できるのです。建築主の要望に丁寧に耳を傾けてくれるため、希望が叶いやすいのです。住宅への要望やこだわりを強く持っている人は、工務店が向いているかもしれません。しかし、素材や工法など工務店独自のこだわりを持つ会社が多いため、価値観を共有できるかどうかがポイントでもあります。変わったデザインでなくても、建築主の住まいに対するこだわりとその工務店の独自のテイストが現れるため、個性が出やすいのです。

また、ハウスメーカーのように広告宣伝費などがかからないため、同じ仕様の家ならハウスメーカーよりも安くつくることができるというのも大きな魅力です。そして、地域での評判を大切にすることから、施工はもちろん引き渡し後のメンテナンスにおいても重要視してくれるので安心できるのです。このような魅力があるのですが、世間一般的には会社規模が小さいことで不安視されることも多いのです。また、一つひとつの打ち合わせを重視するため、設計から完成までには時間がかかってしまいます。家造りの大事な一歩となる業者選びだけに、自分達に合った最高のパートナーを見つけ出しましょう。