家事動線

家事動線に注目して間取りを決めることで、家事の効率化が図れ、家事の時短を実現できます。365日休みのない家事だけに家事を効率よく行え、体に負担がかからない環境を整えておきたいものです。

我が家は、玄関から直接キッチンへ行けるようにしました。玄関からリビング・ダイニングへ行く動線ももちろんあるのですが、玄関からシューズクロークを通り、靴や上着をしまい、キッチンへと入れる裏の動線も設けたのです。この動線は私だけでなく、家族も利用します。玄関からシューズクロークへ入り靴や屋外で使用したものをしまい、上着をハンガーにかけて室内へ入るようになっているので靴や物が玄関に散らかりにくくなりましたし、いつまでもリビングに脱ぎっぱなしの上着が散らかる状況も避けられています。このようにすることで玄関からリビング・ダイニングへ行く表の動線は、きれいな状態が保て、急なお客様にもスムーズに対応できるのです。

そして、毎日行う家事の一つでもある洗濯の動線にも注目しましょう。

我が家は、洗濯と物干しを一直線で繋ぎました。洗面室に設置している洗濯機と物干しスペースの間にはユーティリティを設けています。ユーティリティでは室内物干しを完備していますし、作業カウンターを設けているので洗濯物をたたんだり、アイロンがけなど作業をすることができます。その先に屋外用の洗濯物干し場を設けています。屋外で干している衣類をサッと室内物干しへと移動させることもでき、その場で洗濯物をたたむこともでき家事の効率が非常に高められています。

家事動線に注目し、家事への不満のない住まいを目指しましょう。