吹き抜けのあるリビング

 我が家はリビングの一部分に吹き抜けを取り入れました。吹き抜けを設けることの魅力は、開放感のある部屋が広がることです。1階と2階のスペースが連続するため自ずと天井が高くなります。二階の天井まで見渡すことができることで視線の抜けがよくなり、面積以上の広さを実感できるのです。

実際の広さよりも開放的で広く見せる効果があることから、狭小住宅などで取り入れることで空間を広く見せる、利用できるというメリットが得られます。視覚的に広く感じさせることができるため圧迫感のない快適な部屋造りを行えるのです。

また、吹き抜けを設けることで、二階の壁に窓を設置することになり、自然と日差しを採りこむことができ、あかるい空間が広がります。また、吹き抜けを設けることで風通りをよくする効果が期待できます。吹き抜けをつくることで低い窓からの空気が高い窓へ流れていくため、自然換気を促すことができます。そして、吹き抜けを設けることで連続した空間にすることができます。空間全体に緩やかな繋がりを持たせることができるので、家族が一階と二階で別々のフロアで過ごしていても、吹き抜けを通して互いの気配を感じることができ、家族の繋がりを大事にできますし、会話のしやすい住まいにもなるのです。

吹き抜けを設けることでオシャレになるという見た目のオシャレ度から取り入れる人も多いです。リビングはお客様を迎え入れる場所でもあるだけに、居心地の良さだけでなく、オシャレさも大事にしておきたいものです。また最近人気のリビングイン階段との相性もいいのです。吹き抜けを設ける際には、しっかりとデメリット対策を行い、オシャレで快適なリビングのある住まい造りを行うようにしましょう。