無垢材フローリング

 多くの住宅で合板フローリングが用いられていますが、我が家の新居は水まわりスペース以外全て無垢材フローリングを取り入れました。

近年、シックハウスが問題となり新居に取り入れる建材は、できるだけ自然素材にしたいと思っていました。合板フローリングにはない木目の美しさや木の風合いは眺めているだけでリラックスできます。木目に現れる立体的なあかるい木目のコントラスト、光や影によって木目が見せる表情の違いなど木の美しさを実感できています。触感も全く違います。

合板フローリングは、夏はペタッと張り付いたような感触で、冬はヒヤッと冷たく裸足で歩くこともできません。しかし、無垢材フローリングは、夏でもサラサラとした肌触りですし、冬はほのかにあたたかみさえも感じられ一年を通して裸足で過ごしたくなる住まいとなります。肌触りの良さや踏み心地の良さは無垢材だからこそ得られるものだと思います。体の衝撃を適度に吸収してくれる踏み心地の安心感は特別な感触と言えるでしょう。

より触感の良さをプラスするために浮造り加工を施しました。木の表面を丁寧に何度もこすり合わせ、年輪を浮き上がらせるものです。自然な凹凸が足の裏を心地よく、そして優しく刺激してくれます。そのためマッサージ効果が得られますし、足裏のツボを刺激することで血行を良くし、冷え性の人でも安心して過ごせる空間が広がります。

また、子ども達の偏平足防止や滑り止めにもなってくれます。住宅に使用する素材や加工方法にも注目し、より快適で、居心地のいい空間造りを心掛けたいものです。