1坪洗面室

 我が家の洗面室の広さは1坪です。1坪という限られた空間ですが、デッドスペースを生まず、空間を最大限に有効活用させることで必要な物がきちんと収められ、利用しやすい空間となるのです。

まず、扉の開閉でデッドスペースを生まないように引き戸を取り入れました。そして、通常洗濯機の上部辺りに設けられる窓を、天井近くの高い位置に横長のものを設置しました。高い位置に設置するのでチェーンでしっかりと開閉できるものを選びました。高い位置に窓を設けることで物で窓をふさぐこともありませんし、風通りもしっかりと得られます。そして壁面を確保できるため空間を有効活用しやすくなるのです。

この窓の下に洗面化粧台と洗濯機を設置しました。1坪に設置する標準的サイズの洗面化粧台と洗濯機を横並びで配置すると30㎝ほどの隙間が生まれます。この隙間をそのままにしておくのではなく、化粧台と同じ奥行と高さの隙間収納を設けました。わずかな収納力のようにも感じますが、タオルやお化粧道具、ヘアアイロンや洗濯用洗剤など洗面室で必要な物をしっかりと収納しておくことができます。

そして、洗濯機の上部のデッドスペースを無駄にせず、壁面を有効活用させ可動オープン棚を設けました。ここには収納カゴを揃え見た目をスッキリと統一感を高めています。ここには家族の下着やパジャマを収納しています。入浴時には着替えやタオルを置くカウンターがあると便利です。限られた空間にカウンターを設置すると動作がしにくくなってしまうため、折りたたみ式カウンターを設けました。

入浴時には便利なカウンターとして利用し、使わない時は壁にスッキリと収められるのでとても便利です。使用頻度の高い空間だけに利用しやすく、また必要な物がきちんと収められるように収納スペースを確保しておきましょう。